TCCは詐欺?投資してはいけない?




2017年から始まった、トレードコインクラブ(TCC)ですが、インターネット上の仮想通貨に対する見方が様々なので、トレードコインクラブ(TCC)は「詐欺」だと言う人も結構いるようです。

仮想通貨投資を行った投資家の数は 2017年5月を境に、一気に投資家が増えたと言われております。

そして、私を含めほとんどの仮想通貨投資家がビットコインやアルトコインと言った仮想通貨の機能的部分について 本当に理解していると言えるレベルでは無いと思います。その為、トレードコインクラブ(TCC)の内容をよく理解せず、「詐欺」だ「危険」だなどインターネット上で拡散されてしまうのです。

トレードコインクラブで検索されるキーワードに「詐欺」が多いのは何故なんだろう?

実際にトレードコインクラブ(TCC)は詐欺なのか?危険?

実際にトレードコインクラブ(TCC)が詐欺なのかと言う問に関しては、現状は分かりません、何故かと言うと配当も出ていますし企業としてもライセンスを取っている事を公表しているからです。運営者も顔出していますね。過去の仮想通貨を使用したHYIP投資や詐欺案件の場合は、運営者は顔を公表していません。 そこにトレードコインクラブが詐欺で無い可能性を高める要素が有るのです。

そして、トレードコインクラブ(TCC)が危険か?という事については、はっきりと申し上げて「危険です」と言うしかありません。自動売買ソフトウェアを使用して売買をしていますが、基本的にはFXですからロスカットとかもありますし、確実に利益が保証されている訳ではありません。ただ危険と言っても投資したお金を持ち逃げされるといった危険さでは無く、仮想通貨を使用して投資する案件なのですから、投資にはリスクが付きものという観点でみて危険といっているだけです。

トレードコインクラブはHYIP投資だから危ないのでは?

トレードコインクラブは「HYIP投資」のジャンルに分類される為、トレードコインクラブ(TCC)は詐欺だと言われる事がホントに多いです。ですが、トレードコインクラブ(TCC)は高い日利を約束している為、「HYIP投資」ジャンルに入ってしまうのです。金利が低ければそういった事も無いかもしれませんが、高い金利で運用される案件は全て「HYIP投資」扱いとなる事が現在の仮想通貨界隈の状況なのです。

トレードコインクラブはMLMだけど詐欺ではないの?

トレードコインクラブはMLM(マルチレベルマーケティング)という側面を持っています。勘違いが多いのでいつも詐欺=MLMみたいに言われがちですか、MLMはビジネスモデルでありネズミ講とは違います。トレードコインクラブが詐欺だと言われる理由にこのMLMで有る事が多く言われますが、日本国内でもMLMにより広まった商品や企業は多数存在致しますので特にMLMにより詐欺だと決めつける事自体が間違っていると思います。

今回トレードコインクラブがMLMを使用している理由として、トレードコインクラブ(TCC)に参加される投資家の人数を増やしたい事が一番の目的で有り、参加者には紹介してくれた感謝としてバイナリ―式の報酬が与えられるといった形となっております。 こうした特典が有る事もトレードコインクラブ(TCC)の人気の秘密です。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。