トレードコインクラブの投資リスク




現在、世界各国で大人気の仮想通貨自動売買システム「トレードコインクラブ(TCC)」ですが、このトレードコインクラブ(TCC)へ参加するに当たっていくつか注意点がありますので今日は詳しくご説明したいと思います。実際には、トレードコインクラブを勧めた方が説明するのが本筋ではありますが、結構説明不足で問題になってる様ですから今回は特別に記事にしています。でも、トレードコインクラブ公式サイト内を見ればしっかり書いてあるので、問題になってる根本は利用者側に落ち度が有るのですけどね・・

トレードコインクラブ(TCC)の手数料について

トレードコインクラブ(TCC)は只のHYIP投資し違って、管理手数料が4ヵ月に掛かる

トレードコインクラブ(TCC)では、4カ月に一度25%という「手数料」をTCCへ支払う必要があります。では、どのような時に問題が発生するのでしょうか?

それは、いわゆる複利運用(再投資)を繰り返した場合です。 詳しく言うと、HYIP投資は日々の利息(利益)が大きい為に、その利益を再投資する複利運用が効果的です。

通常のHYIP投資案件では、この複利運用で倍々ゲーム状態で、増益出来る場合が多いのですがトレードコインクラブ(TCC)に関しては、しっかりとした運営がされている為か、「手数料」が取られます。 その為、期限となる4カ月後にウォレット内に手数料25%分の資金が無ければ、外部から支払いをするはめになってしまいます。

仮に、複利運用ばかりしていて25%の手数料が支払えず外部から入金する事になれば誰だって気分が悪いですよね・・、こういった事例が多いらしく、その原因は紹介者の情報伝達不足から起きているようですから皆さんも気を付けて下さいね。

4カ月に1度の「手数料25%」はどれの事か?

先ほど4カ月に一度25%の「手数料」を支払う必要があると書きましたが、この「手数料」

とは一体どれの事なのかと言いますと、「トレード利益の25%」の事なんです。

この「トレード利益」を確認するには、ダッシュボード上のFINANCIAL>FINANCIAL EXTRACT>Daily Recept Tradeに表示されていますのでご確認ください。

25%の手数料を払わない場合どうなってしまうのか?

この「トレード利益の25%」の手数料の支払いは、WALLET Commission、Tradeの合計から自動で引き落としされますが、仮に払えなかったらどうなるのか言うと運用が停止されますので日利受け取が出来ない、ファウンダーボーナスが貰えなくなってしまいますので「手数料」はしっかりと納める必要がありますね。

トレードコインクラブ(TCC)独特の「儀式」について説明するよ

トレードコインクラブ(TCC)の儀式とは・・

トレードコインクラブ(TCC)の投資は、只々ほっとけば良いといった投資案件ではありません。 何故かと言うと、トレードコインクラブ(TCC)には「儀式」が存在するのです。既にトレードコインクラブ(TCC)へ参加されている方はご存知ですが、「毎週月曜日朝9:00以降にリスク設定」する必要があるのです。 目視でこの儀式を確認するのであれば画面右上ある「歯車」が回転しているかどうかで確認できます。この「歯車」をまわす事で投資がスタートする為、非常に重要な行為となりますので毎週月曜日には注意が必要です。

 




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。