トレードコインクラブ(TCC)の運営元について

トレードコインクラブ(TCC)の運営元について




現在、日本のICO(Initial Coin Offering)はビットコインの影響を受けかなりの盛り上がりを見せております。このICOの魅力は未公開株の様に先行販売される仮想通貨(トークン)などを事前に購入し、公開され 価格が高騰すれば売却し利益を得るというビジネスモデルが成り立つからです。しかし最近では、仮想通貨の知名度やビットコインの使用できるお店などが増える事で、こうしたICO案件が乱立し将来的に無価値な投資先が増えている事も事実です。今回は、そうした事情も踏まえトレードコインクラブ(TCC)の運営元などのご紹介をしたいと思います。

トレードコインクラブ(TCC)について、簡単にご紹介

トレードコインクラブ(TCC)とは

トレードコインクラブの前身はTrade by Trade社(トレード・バイ・トレード社)という、中央アメリカ北東部のベリーズという国で2005年に設立された企業です。

トレードコインクラブ(TCC)のマーケティング手法

Trade by Trade社(トレード・バイ・トレード社)はその名の通り、様々な商品のトレードを行い利益を出し現在の仮想通貨(暗号通貨)が世界的に注目される前に仮想通貨の将来性にいち早く目を付け、優れたトレードシステムを開発し今に至ります。 しかし仮想通貨(暗号通貨)トレードシステムは非常に優れていても、世界的に仮想通貨の使用や認知が広がるまでの間、クライアントの確保に難儀し、海外では一般的なマーケティング手法であるMLM(マルチレベルマーケティング)手法を使用したビジネスモデルを確立しております。

トレードコインクラブは世界一斉にプレローンチ

トレードコインクラブ(TCC)は、仮想通貨元年ともいうべき今年2017年1月27日に世界一斉のプレローンチ(公開)となりました。 1月27日のプレローンチ(公開)を迎える数カ月前には、ブラジルを中心に試験運用が実施されており、今回公開と共にバックオフィス(管理画面)なども一部変更されております。

トレードコインクラブの投資対象とは

トレードコインクラブ(TCC)はオートトレードソフトウェアを使用した仮想通貨の自動売買により資産運用を行う会員制クラブです。この投資対象となる仮想通貨とは、時価総額ランキングが10位までの仮想通貨となります。その為、利益の出ない可能性が有る仮想通貨へ投資する事は無い為、HYIPとしては比較的リスクの少ない投資と思われます。

トレードコインクラブ(TCC)が選ばれる理由

トレードコインクラブ(TCC)が世界の投資家達に選ばれる理由は、まずは投資先が仮想通貨(暗号通貨)で有る事が挙げられると思います。仮想通貨(暗号通貨)の取引量や時価総額、またはテクノロジーについては他の投資先より判断も難しく、専門的な知識を持った者で無ければ、日々のトレードにしても困難でしょう。しかし、このトレードコインクラブ(TCC)へ入会しオートトレードソフトウエアを使用すれば非常に簡単に仮想通貨への投資が出来る為、人気が出ております。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。