トレードコインクラブ(TCC)は「破綻」するのか?!




TCC(トレードコインクラブ)は必ず破綻する・・・

HYIP投資への警鐘

衝撃的なフレーズからの始まりですが、仮想通貨を投資先としたTCC(トレードコインクラブ)やHYIP投資の話題が最近、巷でも流通し始めたので、警鐘を鳴らしてます。HYIP投資と聞いてピンッと来ない方は要注意ですので注意が必要です。

HYIP投資についてのご説明

まずHYIP投資案件についてご説明すると、HYIP投資とは「High Yield Investment Program」の略称で、日本語で「高収益投資プログラム」の事となります。

要は、高利回りの投資案件です。このHYIP投資に関しては8割がたが詐欺案件である場合が多いですので詐欺や破綻の可能性を考慮した上で自己責任のもと投資する必要があります。実例で言うと、日利が3%ほどあるといった投資案件が多く出回っています。

HYIP投資「詐欺」案件か見極める時に要注意すべき4ポイント

仮想通貨業界はまだ日が浅く、個人投資家の方も仮想通貨の銘柄や仮想通貨を使用した二次的なビジネスモデルについて詳細が分からない状況で投資を行い「詐欺被害」に遭っているというのが、「仮想通貨詐欺」の実態です。こうした「仮想通貨詐欺」に利用され易いのもHYIP投資なのです。かといって、全てのHYIP投資が詐欺や破綻するかと言えばそれは誰にも分かりません。まずは、投資対象である「仮想通貨」自体がリスクが有るモノと理解して下さい。

  • 企業代表者が明確である事
  • 企業の所在地が明確で有る事
  • 企業として国などに登録されている事
  • 事業内容や実態が明確で有る事

TCC(トレードコインクラブ)の仕組みは?

今回、ご紹介しているトレードコインクラブ(通称:TCC)に関する仕組みを簡単にご説明すると、仮想通貨のAIシステムを使用した自動売買です。現在、株式市場においてもAIによる自動売買が始まっておりますが、株式市場と同様に仮想通貨市場に取り入れたものがこのトレードコインクラブ(TCC)となります。

TCC(トレードコインクラブ)は破綻する?

実際のところ、仮想通貨に関してそのビジネスモデル自体が「破綻」するか否かと言う事は非常に難しく、株式市場で例えると企業そのものが倒産するか否かを聞いているのと変わりません。要は、仮想通貨業界の動向によっては「破綻」のリスクは持っているという事です。このトレードコインクラブ(TCC)もHYIP案件ではありますから、そうしたリスクについては十分に理解する必要があると思われます。

TCC(トレードコインクラブ)も仮想通貨を利用する高利回り投資プログラムの1つです。 TCC(トレードコインクラブ)が提供しているプロモーションビデオも出ていますので一度ご確認ください。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。