トレードコインクラブで投資対象になり得る国内で人気の高いアルトコイン銘柄とは?

トレードコインクラブで投資対象になり得る国内で人気の高いアルトコイン銘柄とは?




トレードコインクラブ(TCC)は自動売買システムを使用した仮想通貨投資です。このトレードコインクラブの投資先であるアルトコインですが、国内の取引所で取り扱っている人気が高い銘柄を見てみましょう。今回は、トレードコインクラブが投資する可能性の有るアルトコイン銘柄について少し見ていきましょう。今回は、トレードコインクラブ(TCC)の投資対象になり得る 国内で取引されているアルトコインを調べてみました。

日本国内で大人気の仮想通貨イーサリアム(Ethreumu)とは

仮想通貨 モナーコインとは

仮想通貨はビットコインをはじめ海外から来たものが殆どですが、日本発の仮想通貨が存在する事をご存知でしょうか?その仮想通貨とはモナーコインと呼ばるライトコインをベースに開発された日本初の仮想通貨です。

モナーコインの開発者

このコインの開発者は、日本大手のインターネット掲示板である2ちゃんねるのMr.WATANABE(ワタナベ)氏により作られたとされており、名前の由来が2ちゃんねるの代表的キャラクターであるモナーとなったのです。

このモナーコインですが、リリースは2014年1月1日で、コインの単位は「モナー(Mona)」であり発行上限は1億512万モナーとされています。昨年は取引所もなく流通もさほど多くなかったですが、昨年16年に入り仮想通貨の認知度も上がり徐々に交換所も増加しています。

モナーコインは、基本的に2ちゃんねるユーザー同士がコミュニケーションのツールとして使用する事が多い為、使用イメージは、フェイスブックなどで使用される「いいね」の様なモノとして モナーコインを送るといった使用方法がされているようです。なお、モナーコインですが、堀江貴文氏も注目されている仮想通貨であり、インターネット上でもモナーコインについて語られているようです。将来的に、有望な投資先になるかはわかりませんが 日本初の仮想通貨と言った点で個人的に応援したくなる仮想通貨です。

モナーコインの取り扱いをしている仮想通貨取引所は?

この仮想通貨を取り扱う取引所として有名なところと言えば仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が有ります。この取引所zaifでは、ビットコインのほかにアルトコインも多数取り扱っており、日本での交換所としてはおすすめです。

日本国内で大人気の仮想通貨イーサリアム(Ethreumu)とは

ビットコインの次に知名度が有る仮想通貨がイーサリアムです。現在、オープンソース・ソフトウェア・プロジェクトのプラットフォームの中でもその機能と可能性が認められ、時価総額がビットコインの次に大きい830億円と言われています。

仮想通貨イーサリアム(Ethreumu)とは

仮想通貨イーサリアムのリリースは2015年7月でした、当時の時価総額は1ETH=0.006BTCほどと今では信じられない価格でしたが、2017年8月現在では、1ETH=0.068BTC(日本円で約33,000円)ほどの価値を有しています。

数あるアルトコイン中でも、その価値や機能が世界的に評価され現在では、ICO案件のプラットフォームに一番使用されている仮想通貨だと思います。

リリースから今まで、盗まれるなどの問題や様々なトラブル会いながらも価値を有している仮想通貨がイーサリアムです。

過去には暴落したイーサリアム

2016年6月17日(金)にイーサリアムプラットフォーム上で機能していたThe DAO(ザ・ダオ)というSlock it社(ドイツ)が立ち上げた分散型の事業投資会社が存在しました。その企業がクラウドセールで調達した資金50億円程度をTheDAOの脆弱性を利用したハッカーにより、別の場所へ移動させられる(盗まれる)事件が起きたのです。

この事件により盗まれたイーサリアムを取り返すべく、ハードフォークいう遡り修正を行い盗まれたイーサリアムは取り戻せたものの、仮想通貨本来の「改竄出来ない」という主旨から反した事により、当時1ETC=2000円を有していましたがこの事件により暴落する事となりました。

二つに分かれたイーサリアム

イーサリアムが盗まれ暴落した理由を初めて聞いた方は、ピンと来ないかもしれませんが、この事件自体はイーサリアムの問題ではありませんでしたがThe DAOの問題でも、DAOプロジェクトの運営者Slock it社にハッカーからイーサリアムを取り返す事は出来ず、イーサリアムはハードフォークを行い盗まれた50億円分のイーサリアムを回収したのですが、このハードフォークをよく思わない仮想通貨開発や仮想通貨の魅力である中央機関の管理が無いといった「仮想通貨」という点を重要視した仮想通貨投資家は、ハードフォーク前の旧イーサリアムを「イーサリアム・クラシック」と名付け、一つであったイーサリアムを二つに分けてしまいました。

この為、イーサリアムは、二つに分離する事となり当時、価値が大きく下落する事となってしまったのです。

現在のイーサリアムの状況

現在ではビットコインの分裂騒動以降は暴騰し、現在は落ち着いていますがイーサリアムとイーサリアムクラシックと2つに分かれたままとなっています。

これから、イーサリアムへの投資をお考えの方は2つ存在する事や分裂した経緯移を十分理解し投資してください。

現在(8月15日)はイーサリアムとイーサリアムクラシックの価値は安定していますが、ICO案件等でイーサリアムプラットフォームを使用した案件が多く、今後もこの仮想通貨への注目は続くことでしょう。

日本国内で大人気の仮想通貨ネム(NEM)とは・・・

仮想通貨ネム(NEM)とは

NEM(New Economy Movement)新しい経済運動のスローガンと共に金銭的自由と分散化、平等をスローガンに新しい経済を作り出す事を目標に作り出された仮想通貨(アルトコイン)の1つです。俗にビットコイン2.0と呼ばれるもので有り。

ネム(NEM)はどの様な仮想通貨なのか

ビットコインの機能をより進化させた仮想通貨であります。

2014年1月に開かれたビットコインフォーラムから始まったとされるNEMですが、発行枚数は9,999,999,999XEMもあり仮想通貨ビットコインより発行数が多いです。更に、ビットコインの様にPOW(プルーフ・オブ・ワーク)といった採掘作業(マイニング)が存在しません。

仮想通貨ネム(NEM)の場合は、初めから約1,600人の投資家に均等に分けられスタートしており、この様にマイニング(採掘)作業が無いパターンをPOI(Proof-of-importance)と言われております。 ビットコインの問題の1つで有るマイニング作業時の電力消費量がPOWと比較にならないくらい削減出来ますので、今後の仮想通貨の主流となる可能性が高い仕組みです。なお、このマイニング作業が無い場合は、ビットコインの採掘(マイニング)と違い独の承認形式で、「ハーベスティング」と呼ばれる作業となっております。これは、ノード(PC)によりハーベストを行う事で トランザクション手数料をもらえるシステムです。

簡単に説明すると、ノード(PC)を立ち上げ ハーベスティング作業を実行することで 他の取引の承認を行う事となり、報酬として仮想通貨ネム(NEM)の基軸通貨であるXEM(ゼム)を受けとる事が出来るのです。この、スーパーノードと呼ばれる300万XEMを保有している場合は、ハーベスティング報酬が増加する仕組みです。何故、報酬が増加するかと言うと、ノードを発生させ、常にネットワークを維持継続する必要があるからです。

仮想通貨ネム(NEM)の魅力は、なんと言っても下記の3点です。

  1. 仮想通貨ビットコインからの派生コインで無く、100%独自のコードで作成されているアルトコインで有る事
  2. POI(Proof-of-importance)の為、ビットコインのように一部の金持ちが独占するような事が出来ない(誰でもPCが有れば参加可能)
  3. 誰でもNISと呼ばれるインフラサーバーを起動できる事

この様な特徴は全て、NEMの公式サイトで紹介されています。更に、仮想通貨ネム(NEM)はパブリック型プラットフォームで有り、プライベート型プラットフォームと呼ばれるMijinが存在します。このMijin(ミジン)とは仮想通貨取引所で有名なテックビューロ株式会社が開発したプライベート型プラットフォームです。

仮想通貨ネム(NEM)とミジン(Mijin)の関係とは

ミジン(Mijin)とは、仮想通貨ネム(NEM)と同じ機能を備えており、仮にMijinが新たに機能が実装されれば同様にNEM同じ機能が実装されると言えます。現在、テックビューロ株式会社により開発されたこのMijin(ミジン)を活用し低コストでの送金などのやり取りが出来るよう進められたり、ICOプラットフォーム「COMSA(コムサ)」プロジェクトが17年10月2日から始まろうとしています。仮想通貨NEMに関しては、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)で取り扱いがされておりますので下記バナーより公式サイトへ移動してください。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。