仮想通貨のマイニング投資

仮想通貨のマイニング投資について




仮想通貨マイニング投資

マイニングの現状

仮想通貨(暗号通貨)が脚光を浴び仮想通貨(暗号通貨)元年とも呼ばれる2017年ですが現在(2017年10月)の仮想通貨界隈の状況は仮想通貨(暗号通貨)のマイニングにつての話題が多くなってきました。

と言うのも、仮想通貨(暗号通貨)のおよそ9割近くを中国が行っていましたが9月に中国政府は仮想通貨(暗号通貨)のマイニング事業の停止を言い渡しました。これにより、仮想通貨(暗号通貨)のマイニング事業へ日本の大手企業も参入されています。

現在の国内マイニング参加企業

現在では、DMM.comが10月から「DMMマイニングファーム」を試験運用している事やGMOインターネットが「次世代マイニングセンター」を欧州に設置すると今年9月に発表を行っています。

こうした大手企業がマイニング事業に参加する事により、更に仮想通貨(暗号通貨)事業の発展と今後の仮想通貨(暗号通貨)の使用用途が増える事で日本でも新たな産業となると思われます。

仮想通貨のマイニング事業とは一体どのようなものか?

今回、注目を集めている仮想通貨(暗号通貨)のマイニング事業とは、ビットコインの取引を例に挙げるとビットコインを送る人と受け取る人の取引を「承認」する作業としてマイニング(採掘)と呼ばれる高度な計算をオープンソフトウエアを使用して行い、このマイニング(採掘)を誰よりも早く行った人に現在で有れば12.5BTCが報酬として支払われます。

この仕組みはビットコインの場合10分間に1度行われており、世界中のネットワークでマイニング(採掘)が行われるのです。ビットコインの取引に約10分程度時間が掛かる事もこのマイン二ング(採掘)の時間に関係しており、取引量が多くなると送金時間が遅くなったりするのはこの為です。

ビットコインのマインングはこの様に10分毎に行われる事で2100万枚まで発行される事がプログラミングされています。

現在の主流はマインング工場への投資?!

今となっては、仮想通貨への投資よりマイニング(採掘)事業へ参入する企業に投資する方が将来性が有ると私は考えます。何故、マインングへ参加する企業へ投資した方が良いのか?と言うとマイニング(採掘)に関してはビットコインに限った事で無く、アルトコインと呼ばれる仮想通貨(暗号通貨)であるイーサリアムやライトコインなどにも需要が有り、仮想通貨(暗号通貨)の使用範囲や取引量が増えれば増えるほど発展する可能性が大きく今後の産業となり得るからです。

こうした仮想通貨(暗号通貨)業界の流れを見ると、今仮想通貨(暗号通貨)のマインング事業に参入しようとする企業に投資する事が将来的に有益だと思うのです。

 

Blueocean(ブルーオーシャンとは)

マイニング(採掘)事業とAIトレードを実現

仮想通貨(暗号通貨)マイ二ング事業に参入しているプロジェクトとしてblueocean(ブルーオーシャン)というプロジェクトが有ります。このプロジェクトは現在、参加者を募集している状況で有り、これまでのマイニング(採掘)事業とは異なりマイニングで得た利益をAIトレードを使用して運用する事を目的としています。

現在、マイ二ング工場は稼働していますが投資家を募っている最中である為下記問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。