ZAIFトークンは高騰するのか徹底検証




今回は、仮想通貨取引所Zaifが発行するZAIFトークン(ザイフトークン)について、仮想通貨投資初心者の方の中でご存知無い方が多いようですが、現在 仮想通貨投資界隈で一番注目を集めているICO(Initial Coin Offering)案件のCOMSA(コムサ)プロジェクトに深く関係しているトークンですから、これからの高騰が期待されると思われます。現在では、ロックアップについてのアナウンスが仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)よりされるなど、様々な高騰が期待される好材料が出てきている事でも要注目です。

ZAIFトークンを知らないなんて勿体ない!2018年は高騰が期待されるトークンエコノミー

ZAIFトークン(ザイフトークン)とは・・・

国内大手の仮想通貨(暗号通貨)取引所Zaif(ザイフ)が発行するトークンです。このトークンとは、Counterpaty(カウンターパーティー)と呼ばれるビットコインのブロックチェーン上に作られたプラットフォームで発行される独自トークンとなります。この、Counterpaty(カウンターパーティー)自体が、ビットコインのブロックチェーンを使用しますので、ZAIFトークンの様な独自トークンはビットコインを使用して発行されているという訳です。

ZAIFトークンが発行された理由とは・・

全ての仮想通貨(暗号通貨)は発行される理由や、利用目的が明確な事が多いですがこのZAIFトークン(ザイフトークン)に関しては、発行当初から使用目的が不明確でした。しかし、現在 国内ICO案件の資金調達額としては驚きの98.5億を達成したCOMSA(コムサ)プロジェクトのICO開始に伴い一時的ではありますが明確な使用目的がチラチラと見え隠れしております。

個人的な見解では、ZAIFトークン自体は実験的に発行されたのではないかと思っております。今回のCOMSA(コムサ)プロジェクトと一時的な連動は、ZAIFトークンの価格の高騰やそれに伴う世論の期待に運営者側が応えたからであって、発行当初の目的は仮想通貨取引所Zaifでの取引(トレード)の功績をたたえる為のプレゼントトークンだったのでは無いかと思います。しかし、今となっては、価格が低いですが一定の存在価値と今後のCOMSA(コムサ)プロジェクト成功により高騰が期待できるトークンの一つとしてみる事が出来ると思います。このZAIFトークンですが、COMSA(コムサ)プロジェクトで、約25億5991万3305ZAIFトークンでの投資が行われておりZAIFトークンは、トークンという性質上、発行者が存在しますので、ビットコインなどの様に、発行数量に制限は有りません。 その為、発行者側が発行数量を調整出来ます。現在では、およそ90億ZAIFトークンほどが発行されているのではないかと推察されます。

ZAIFトークンとCOMSA(コムサ)プロジェクトについて

先ほどから、ICO (Initial Coin Offering)案件で有るCOMSA(コムサ)プロジェクトの話を出しておりますが、COMSA(コムサ)プロジェクトについてご存知無い方もおられると思いますので簡単にご紹介致します。

このCOMSA(コムサ)とは、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社が運営するプロジェクトであり、簡単にいいますとICO(Initial Coin Offering)の導入をしたいと考える企業は、ブロックチェーン技術の導入という所に苦労します。そこで、COMSA(コムサ)プロジェクトでは、企業のICOを利用した資金調達の手助けとして、既存の資産のトークン化技術、Zaif(ザイフ)取引所、そしてプライベートブロックチェーンであるMijin(ミジン)による内部勘定技術を一つのパッケージにして企業にブロックチェーン技術を導入する支援をするサービスです。

※詳細については、COMSA(コムサ)プロジェクト公式サイトご確認下さい。

ZAIFトークンが今後高騰する可能性を秘めている理由

ZAIFトークンのロックアップ計画による期待

個人的な見解を踏まえて、ZAIFトークンは高騰する可能性が高いのでは無いかと感じております。あくまで予測ですから、保証出来るものではありませんが、今後の流れとしてCOMSA(コムサ)プロジェクトの成功によっては、ZAIFトークン(ザイフトークン)の使用目的がより明確になり高騰する材料になるのでは無いかと感じています。

また、現在COMSA(コムサ)プロジェクトのICOが開催されていますが、11月6日を持って終了となります。終了後は、一部売却や譲渡出来ないようにする処置であるロックアップがZAIFトークンにも実施さる旨がCOMSA(コムサ)プロジェクト側から発表されています。これは、Counterpaty(カウンターパーティー)のプロトコル上で発行されているZAIFトークン(ザイフトークン)をNEM(ネム)のプロトコルに移動する為に行います。

この ロックアップを行うのは、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)が所有する22.5億ZAIFトークンを対象としています。こうした、期間限定のロックアップに関する話題もZAIFトークンの明確な使用目的となり価格高騰の好材料と言えるでしょう。

ZAIFトークンの発行停止による期待

これは、個人的な憶測ですが現在発行されているZAIFトークンはトークンである為、発行制限は有りません。その為、発行者側である仮想通貨取引所Zaifが発行枚数を決められます。ただ、個人的に気付いた点として偶然かもしれませんが、ロックアップ計画発表の際にロックアップするZAIFトークンの数量が総発行数量の約25%だと発表されています。この25%から推察するとZAIFトークンは約90億ZAIFトークン発行されているという事になり、仮想通貨NEM(ネム)の発行総数料の89億9999万9999XEMと同じ程度の発行数量なのです。これは何を意味するのか?個人的には、これまで順調に発行されてきた

ZAIFトークンもそろそろ発行が停止され、現在流通しているトークンでNEM同様に運用していくのでは?と思った訳です。そう、発行停止となれば1ZAIFの単価は必然的に上がる事が期待されるのです。そして、偶然にも今回ZAIFトークンはNEMのプロトコル上で使用されます。さらには、仮想通貨Zaif(ザイフ)の運営元であるテックビューロ株式会社の朝山社長は仮想通貨NEM.io財団の理事をされていると言う事・・・・。

あくまで推測と期待ですが、今後もNEMとZAIFトークンとの関係は継続される事で、双方に高騰する好材料がでてくるのでは無いかと思います。とは言え、全てはCOMSA(コムサ)プロジェクトの今後に掛かっていますので逆を言えば共倒れのリスクも考えなければなりません。

ZAIFトークンは高騰するのか徹底検証まとめ

今回のZAIFトークンは高騰するのか徹底検証いかがだったでしょうか?私自身はZAIFトークン発行当初から投資を行い、COMSA(コムサ)プロジェクトで100万ZAIFトークンを出資致しましたが、残り30万ZAIFトークンは今回の様な好材料が出てくる可能性を期待していた為、ホールドしていました。現在、仮想通貨の価格は不安定であり、価格の安いZAIFトークンを長期ホールドする投資手法はおすすめです。私は、今後もZAIFトークンを買い増しする事で、更に未来でお金を手に出来る事を期待しています。

これまでにも書いていますが、2017年は仮想通貨(暗号通貨)が一般的に普及しましたがまだまだ市場は拡大すると予測しております。2018年に入りますと、ICOに関する法律等も順次制定されICO(Initial Coin Offering)が一般的になるのでしょう。現在でもクラウドファンディングと呼ばれる、一般の投資家から資金調達する手法が存在しますがICOが更に加速させる事となると予想します。現在の市場価格で1ZAIF=0.5〜0.6円程度を行き来しているZAIFトークンですから今が一番の買い時だと思います。

興味のある方は仮想通貨取引所Zaifへ口座開設の上お買い求め下さい。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。