仮想通貨ウォレットについて




仮想通貨(暗号通貨)トレードに参加している投資家の方で、ウォレットと聞いて 知らないなんて方 は居ないと思いますが、現在の様に ビットコインやアルトコイン価値が世界的に認められるようになると 盗難のリスクが上がります。

盗難と言ってもデジタル世界ですから、盗み方もサイバー攻撃などで行われ、コンピューターの知識が豊富な方でないと対応できませんし、実際に詳しい方は セキュリティー管理をきっちりと行われている事でしょう。

今回は仮想通貨(暗号通貨)を仮想通貨取引所に預けっぱなしな方向けに、ウォレットについてご説明をしたいと思います。

まずは、仮想通貨(暗号通貨)を仮想通貨取引所に預けっぱなしのリスクについて知ろう!

仮想通貨を取引所に預けっぱなしがNGな訳

仮想通貨(暗号通貨)を取引所に預けっぱなしって方の話は良く耳にしますが、そのリスクを理解して預けているなら問題ないでしょう、確かに現在の日本では、いい加減な取引所は法律上登録が困難ですから、それなりに信用のある取引所しかないと思われます。

しかし、ある程度信用出来る取引所ばかりと言っても 倒産するリスク は持っています。

仮に倒産なんて事になれば預けていた仮想通貨(暗号通貨)は返って来ないかもしれません。一番やってはいけない事は、仮想通貨で預けるの出は無く日本円=JPY状態で仮想通貨(暗号通貨)取引所に置いておくことです。

実際、仮想通貨取引所でのJPYとは、日本円の事を指しますが、これは仮想通貨(暗号通貨)でもありません、その為 もし仮想通貨(暗号通貨)取引所が倒産した場合、一番返って来ない可能性が高いのがJPYなのです。ですから、必ずJPYでは無い状態で仮想通貨(暗号通貨)取引所に置いておきましょう。

仮想通貨(暗号通貨)を保管するウォレットについて学習しよう!

仮想通貨ウォレットとは・・・

仮想通貨(暗号通貨)には、専用のウォレットが存在します。 現実のお金で有ればその名の通りお財布ですね。 この仮想通貨(暗号通貨)用のお財布とは、一般的にモバイル用のアプリケーションやウェブのサービスによって「残高紹介」や「送金」が出来る仕組みです。

そして、ウォレットには「秘密鍵」と「公開鍵」により導き出されたアドレスというものがあって、秘密鍵はウォレットをバックアップする為のもの、もう一方の公開鍵とは、仮想通貨(暗号通貨)取引の際に使用する「通貨を受け取る」「通貨を送る」ために使用する公開鍵(アドレス)と覚えると分かり易いでしょう。

ウォレットアプリとは・・・

ウォレットアプリとは、代表的な例を上げればBlockchainと呼ばれるモバイル用のウォレットアプリケーションが有ります。これは先ほど述べた通り、残高紹介や送受金が可能なアプリの事です。詳しくウォレットアプリの特徴を説明すると、キーペアの生成・保管、ウォレットアドレスの生成、トランザクションの作成・電子署名、P2Pへの接続、取引データの蓄積と言った機能が有ります。またウォレットの特徴として1つのウォレットは複数のウォレットアドレスを持っています。これには理由があって、1つしかアドレスが無い場合は中身を盗もうとする盗人から狙われやすく非常に危険だからです。こうした仕組みで動いているのがウォレットアプリのなのです。

ホットウォレットとコールドウォレットとは・・・

仮想通貨には、ホットとコールドと呼ばれる二種類のウォレットが存在します。

この両者には特徴があり、今後仮想通貨(暗号通貨)取引を行う際には保管場所としてホット、コールドを上手く使い分ける必要がありますのでしっかりと覚えておきましょう。

まず、ホットウォレットとは、インターネットに接続された端末で運用されるウォレットアドレスの事となります。そして逆にコールドウォレットとは、通常はインターネットから切り離された端末で運用されるウォレットの事となります。イメージは、財布と金庫の様な感じだと思って頂ければ分かり易いでしょう。

この2種類のウォレットには、良い面と悪い面がありホットウォレットはインターネットに接続するタイプでありご自身のインターネット環境のセキュリー対策が弱ければ秘密鍵などが盗まれるといったリスクを持っています。コールドウォレットで有れば、ハードウェアウォレットと呼ばれるUSBの様なウォレットであり取引トランザクションへの署名をハードウェア上で行えるシステムです。

このハードウェアウォレットは、必要な秘密鍵がハードウェアの中に保管されておりパソコンやスマートフォンでウォレットアプリを使用するよりも安全性が高いと言われています。

代表的なコールドウォレットとは?

現在、仮想通貨(暗号通貨)投資家の中で使用率が高いコールドウォレットは下の2商品となります。実際に使用すると非常に簡単であり、安全性が高いのでおすすめです。私の場合は、長期保管様に購入しビットコインを格納しています。

  • Trezor
  • Ledger Nano S

 

両方共に海外製ですが、現在のところ仮想通貨投資家の中ではこの2つが人気です。

こうした仮想通貨用のコールドウォレトが今後出てくる可能性は高いですから、まずは1個購入し保管方法などを学ぶのも良いかもしれませんね。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。