仮想通貨はお金として使用できるのか?




仮想通貨(暗号通貨)に投資する話ばかりが先行している現在の仮想通貨(暗号通貨)界隈ですが、実際に仮想通貨へ投資する目的あ将来の自分の資産を増やす為だと思います。

しかし、仮想通貨(暗号通貨)自体に「お金」としての利用価値が無ければ保有する魅力は半減してしまいます。

私の様に無粋な者は、仮想通貨にはお金の代わりになってもらいたいと言う思いがありますので、今回は仮想通貨はお金として使用出来るのか?どうかに焦点を当て、記事を書きたいと思います。

※仮想通貨の発展を目的に投資されている方もいます。

仮想通貨もお金として使えないと意味がないと思い調べてみた結果

法定通貨の基本

法定通貨とは、あなたが現在使用されている「円」ですね、これが法定通貨であり日本国が認めている「お金」というモノです。

法定通貨は「Fiat Curency」と呼ばれています。世界各国のドル、ユーロ、元などなど色々あります。

この法定通貨には発行元が存在する中央集権で管理されており、国の財政や経済状況によって発行枚数が調整され法定通貨の価値が保たれています。

仮想通貨とは

仮想通貨は、「CryptCurrency」と呼ばれ、法定通貨とは違いビットコインを代表とする仮想通貨では発行者がいない非中央集権となっています。

その為、法定通貨の様にお金をAさんがBさんへ送りたい時に銀行を経由するでは無く、仮想通貨の場合は、Aさんの財布から直接Bさんの財布へ送金される様なイメージの中間に第三者を介さない取り引きが可能となります。

仮想通貨はお金として使用出来るの?

現在、仮想通貨をお金として使用出来るのかという問に対しては「出来ます」と答える事は出来ますが、現在のところ「ビットコイン」のみです。

実際にビットコインで決済できるお店は急激に増えており、2020年までには26万店舗が導入するであろうという情報までもが雑誌などで取り上げられています。そうした動きを見るだけでも、仮想通貨は既に金として使用出来ていると言っても過言ではありません。

また、仮想通貨を使用電気料金料金の支払いや携帯の使用料金の支払いなども主流化していくのではないでしょうか?

こうした流れは、ここ数年で急激に浸透し今後、仮想通貨が当たり前の世界になると言えると思います。

特に先ほど述べた、ビットコインはアルトコインとのトレードが容易で有る事から需要が有るのは必須です。

当サイトでもご紹介しているトレードコインクラブでビットコインを今から運用し、2020年には投資で得た利益を使用しオリンピックを見に行きたいものですね!




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。