仮想通貨を怪しいモノとさせたマウントゴックス事件とは?




仮想通貨自体の歴史は2009年に始まっており、既にいまから言えば9年の歳月が流れております。しかしその歴史の中で、非常に大きな事件としてあげられる「マウントゴックス事件」が仮想通貨を「怪しいモノ」へしてしまった出来事だと個人的に思っています。

マウントゴックス事件とは何なのか?

マウントゴックス社とは?

マウントゴックスは有名なカードゲームで有るマジックザギャザリングのトレーディングカードの交換所として2009年設立されました。そして、ビットコインの登場と共にトレーディングカードの交換所としてのノウハウを生かし、時には最大級のビットコインん取引所として有名で有りました。

マウントゴックス事件とは?

先ほど紹介した、マウントゴックス社ですが、世界でも最大規模のビットコイン取引所として有名になっていた矢先、2014年2月23日に約300億円(当時744,408BTC)ほどの価値を有するビットコインが盗まれたとし破産しました。色々な説が有りますが、実際にはビットコインを盗む事は難しく、内部犯の可能性が高いという結論に至っているようです。こうした事から、仮想通貨取引所の破綻する可能性や破綻するといった事を「ゴックスする」などとネットスラングとして使用されています。

マウントゴックスがビットコインを怪しいモノにしてしまった・・・

こうした出来事が原因で、一旦価値を高めようとしたビットコインですが、また日本国内では怪しいものだと新聞を含むメディアで報道した事で価格が下落してしまいます。

こうした中で、ビットコインは注目を集めますが今年の様な注目を集める場面は有りませんでした当時、私もビットコインについて何も知りませんでしたし、正直興味がありませんでしたから特に気にはしていませんでしたが、連日ニュースで報道される為、ビットコインという名前だけ覚えた記憶が有ります。

ビットコインの価値は一体誰が支えているのか?

ビットコインには優秀なビットコイン信者がいます。ビットコインの事件やニュースが流れる中でも絶えず価格をキープしているのには理由有り、こうしたビットコイン信者が価格を安定させているのです。ビットコイン信者とは、ビットコインが生み出された時から保有し大金持ちになったいわばビット長者の様な人々です。こうした、ビット長者は、ゴールドラッシュのアメリカの様にビットコインへ心酔し投資を行っているのです。実際に、現在も世界中の人を魅了するビットコインの使用される場面はこれからも増えていきそうです。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。