仮想通貨と電子マネーの違いって何?




仮想通貨投資を始める前に知っておきたい基本的な事として、仮想通貨(暗号通貨)と電子マネーとの違いを理解しておく事というのが有ります。これは、ホントに基本的な事ですから仮想通貨(暗号通貨)投資をする為には十分理解しておく必要があります。

電子マネーとビットコインなど仮想通貨は似ているようで別物!

仮想通貨と電子マネーの違いとは?

実際、ビットコインなど仮想通貨と電子マネーと呼ばれるICOCA(イコカ)やWAON(ワオン)とは全くの別物です。まず、大きな違いで言うと、その発行者が存在しない存在するかです。この違いは大きく発行者がいないモノが仮想通貨(暗号通貨)で有り、発行者がいるモノが電子マネーとなります。

発行者がいない仮想通貨とは・・

仮想通貨(暗号通貨)で代表的なビットコインを例に挙げると、ビットコインは発行者がいません。そしてビットコインの価値は、ビットコインを保有する人達の「価値が有る」という共通認識によって「価格」が保たれているのです。要は、法定通貨の様な感じとなります。皆さんが使用する法定通貨も同様に、紙幣と呼ばれる紙に対して共通認識でお金という価値が有ると思っているから「価格」が有るのです。仮に、みんなさんが紙幣に対し価値が無いと思えばインフレ状態になってしまいます。要はお金の価値が下がるか無くなります。

発行者がいる電子マネーとは・・・

電子マネーは、要はお金を別の電子媒体へ変更したものとなります。要は金券なのです。この電子マネーはそれぞれに発行する企業が存在ますので発行元がその電子マネーの価値を保っています。電子マネーの基本は企業に前払いする事から始まりますので仮想通貨とはまったっくの別物だと理解頂けると思います。

仮想通貨は中央集権では無い!

仮想通貨(暗号通貨)と電子マネーとの大きな違いの一つに「中央集権」では無いという事が挙げられます。この中央集権とは、価値を管理する中央機関の事を指します。法定

通貨で有れば日銀がこれに当たります。 インフレやデフレを防ぐために、この中央集権(中央機関)が通貨の発行をコントロールし経済を安定させているのです。仮想通貨(暗号通貨)と呼ばれるモノは、こうしたコントロールをする機関が存在しません。それは最大の強みです。仮想通貨の価値がもしコントロールされるので有れば、世界的に広がる事はなかったでしょう。この、中央集権が無い為、現在世界中で注目され頻繁に取り引きがされているのです。いわば世界共通のお金が誕生しているのです。国によっては規制をかけていますが、実際には中央主権が無い仮想通貨ですから、国(政府)も管理している所が明確でないモノに対し対処する事は難しいですし、各国毎に認めざる得ない状況にまでなっております。

仮想通貨(暗号通貨)の今後の展望

仮想通貨(暗号通貨)の今後の展望は、まず世界共通の通貨となると思われます。すでにそのポジションにいる様なものですが、もっと明確なものとなるでしょう。ビットコインは今後、仮想通貨のハブ的な役割を果たすかもしれません。現在イーサリアムやネムなどのプラットフォームを使用した新たなプロジェクトや仮想通貨も誕生しておりますから、ビットコインはそれら多くの仮想通貨(暗号通貨)の取引にハブ的な使用がなされる事になるのではと思っております。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。