仮想通貨の投資家は以外と少ない!?

仮想通貨の投資家は意外に少ない!?




トレードコインクラブ(TCC)に興味を持たれた方の大半は、仮想通貨投資を既に行っている方だと認識していますがどうでしょう?仮想通貨投資はよく知らないけどトレードコインクラブ(TCC)を知ってしまった方もいるかも知れませんね・・、今回は、既に仮想通貨投資を実践されている方には驚かれるかもしれませんが、仮想通貨投資をしている人が以外に少ないという事実をお伝えしたいと思います。

衝撃の実態、仮想通貨(暗号通貨)へ投資を行っている人は世界的に見ても「3%」しかいない?

最近、仮想通貨(暗号通貨)の値段は昨年と比較すると数倍の価値を有しています。

その為、もう仮想通貨(暗号通貨)に投資するには遅すぎるかな?と誤解されてる方が多いですが、それは間違っていて実際には、今がチャンスなのです。

もう一度いますが、今が最大の投資チャンスなんです。

それは何故かと言うと、昨年いち早く、仮想通貨(暗号通貨)に投資した「仮想通貨長者」の様な人とは、仮想通貨(暗号通貨)を誰よりも早く知り、これから価値を有するだろうと早く気付いた人や、暗号技術に詳しい「暗号学者」「エンジニア」などが中心でした。

ですが、最近では、国内取引所が各々に広告やSNSを使い仮想通貨投資家や株、FX投資家などを呼込み、世界的に仮想通貨(暗号通貨)関連のニュースを発信する事で、新規投資家が増加傾向なのです。仮想通貨は、インターネットの普及と同じだと例えらる事が多いですが、まさにその通りで、仮想通貨自体の認知度は今年に入り一層早くなっています。

そんな中、最近発表された マネックスグループの「MONEXグローバル投資家サーベイ」実施~「仮想通貨」へと言う報告書で「仮想通貨投資を行っているのは約3%」であるという衝撃的な報告がされました。このマネックスの資料では、仮想通貨(暗号通貨)に密接に関係する、アメリカや中国といった国より日本の仮想通貨(暗号通貨)に対する認知度の方が高いと述べられています。

更に、興味深いのは 「仮想通貨に興味があるか?」という問では、「仮想通貨に興味が無い」という回答が他国に比べ一番多いのが日本なのです。要は、日本人は仮想通貨の存在を知ってるけど興味が無いのです。

これは、私の憶測ですが、日本人の気質上、「利益」よりも「安全」を重視しますし、保守的ですからリスクを嫌う傾向が強いので仮想通貨(暗号通貨)を知っていても安全だと判るまで投資しないと言う方も多いと思います。

これからの仮想通貨(暗号通貨)に感じる期待感

私も自身、仮想通貨取引所などのチャットも時折、チェックしてみますが、 チャットに参加している投資家の方の大半が仮想通貨(暗号通貨)に対する知識は不足していて、人伝に聞いた情報で投資しているのだろうと感じます。仮に教えてくれた人がいい加減な事言っていたらどうするのでしょうか?

私の経験上、デタラメな事ばかり言う投資家は沢山いますので・・・、要注意です。

ただし、この様な状況ですから、仮想通貨投資に感じる期待感は大きいです。仮想通貨は将来的に、一般に認知されインターネットと同じ位「当たり前」の存在となるでしょう。ですが理解する事は難しく、投資案件として非常に動向が読みにくいです。

その為、今が投資する最大のチャンスだと私は感じています。

仮想通貨(暗号通貨)に感じる不安材料

先ほど書いたように、不安材料はもちろん同じ内容で、難し理解しにくい仮想通貨ですから色々な誤解を受けます。 そして、将来有望なビジネスモデルで有っても、知らないから否定する人などに批判される事もあるでしょう。 不安材料はまさにその「知らない・知ろうとしない」人だと思います。

仮想通貨(暗号通貨)に対する今後の成長と展望

私が抱く、仮想通貨(暗号通貨)に対する期待は3年後に控えた東京オリンピックというイベントです。

実際大きな変化点となるのではないかと個人的に思っていますし、必ず、東京オリンピックに来た外国人観光客は仮想通貨(暗号通貨)決済を使う様になっていると確信しているからです。

今でも、仮想通貨支払いが可能なサービスが急激に増えています。ですから、3年後ではあたり前の時代となっている事でしょう。そうなれば、仮想通貨(暗号通貨)投資家は、2020年の東京オリンピック開催までに増加する事が予測されますし、こうした仮想通貨情報の発信も増える事でしょう。また仮想通貨(暗号通貨)を利用したプロジェクトも急速に増える事でしょう。

今やネットバンクも当たり前に普及し、スマートフォンやインターネットといった革新的なテクノロジーほんの数年で広がった事を考えると、仮想通貨(暗号通貨)も同様に2020年までには、仮想通貨取引所アカウント(取引口座)を誰もが持っている状況になる事でしょう。

現在、仮想通貨(暗号通貨)をビットカードとして支払えるサービスもあります。支払いも簡単ですから、このデビットカード型のビットコインカードが急速に普及しています。

個人的に、東京オリンピックが開催される2020年のまでには、仮想通貨(暗号通貨)ATMやコンビニなども、仮想通貨支払いが当たり前になっているのではないかと考えています。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。