3分で理解する仮想通貨(暗号通貨)入門




今回はトレードコインクラブへ興味を持たれた投資家の方向けに、仮想通貨(暗号通貨)とは何かをお伝えしたいと思います。 ちなみに、トレードコインクラブ(TCC)に出会われる前に仮想通貨(暗号通貨)の売買は経験済みだし仮想通貨(暗号通貨)についても理解しているよって方は、既にしっておられる情報かもしれませんので飛ばして頂いて結構だと思います。

では、ざっくり仮想通貨についておさらいしてみると!

仮想通貨(暗号通貨)とは・・・

仮想通貨(暗号通貨)って言うキーワードと来れば、そうビットコインですよね?大半のT方がビットコインという名前を聞いたりしているのでそう答えます。

みんながそう答える理由はやはり流通量が多いからと言うのもありますが、過去にはマウントゴックスによるビットコインが盗まれるという事件も起きているので皆さんの記憶に有るのだと思います。

ビットコイン以外は「アルトコイン」と呼ばれており、代表てきなモノで有ればイーサリアム、リップル、ネムといった仮想通貨です。現在、世界中で仮想通貨が生まれているので、既に700個以上あるのではないかと言われています。 もちろん価値を有しないような電子クズも含みますが、世の中にそれほど出回っている事は事実なのです。

ビットコインを生みだした「中本 哲史」とは?

仮想通貨ビットコインは、2009年5月にナカモト サトシ(中本哲史)なる人物が論文を発表した事から始まります。その論文に共感したテクノロジーに詳しいエンジニアたちや暗号学者なので開発されました。

ビットコインの総量(埋蔵数)は2100万BTC(ビットコイン)と言われています。その総量は2140年に完全に採掘されるというプログラムで設計されており、それから先はプログラムに修正を掛けない限り基本的には発行されない仕組みです。なお、この希少性がビットコインの価格を高騰させている要因でもあるのです。ビットコインは、言わば自然界の金に例えらるものでありサイバーゴールドと言われています。

ビットコインの基的な仕組みとは・・・

数に限りがあり、その希少性ゆえに値段が高騰する理由は理解してもらったと思いますが、ビットコインは更に優れた仕組みがあります。 それが、中央主権がなくてもお金のようなやりとりが出来るといった仕組みなのです。これは、ブロックチェーンと言う技術を使用して行われるもので、1ブロックずつにデータを入れて次のブロックに繋ぐと言う仕組みです。このブロックごとにデータが入っており、認められたブッロクしか繋げる事が出来ません。その為、改竄出来ない仕組みであり、繋がりが全て記録として残る為、非常にセキュリーが高い仕組みと世界中で評価されているのです。 最近ではよく書店でもブロックチェーンの技術などとい表紙の本を見かけると思いますがソレです。また、このブロックを繋げる作業は第三者が行い、その行為をマイニング(採掘)と呼びます。この第三者がマイニング(採掘)という行為をする事で取引が承認されるのです。

詳しくはここでは書きませんが、こうしたシステムを持っているのがビットコインであり仮想通貨なのです。

仮想通貨(暗号通貨)はオリンピックイヤーまでに勉強しよう!

仮想通貨(暗号通貨)は上手に運用すればあなたの大事な資産を大幅に増やす事が可能と言われています。その理由にはビットコインを含める仮想通貨に国境が無い事や既に多くの国でその価値が認められている事です。既に、日本以外の国では当たり前に使えるモノであり、日本が遅れを取っている事が指摘されているくらいです。現在、オリンピックイヤーで有る2020年までに国内26万店舗がビットコイン決済を導入使用と考えているといった情報も流れているくらいです。 2020年に海外からの観光客が使用する通貨は間違いなくビットコインを含めた仮想通貨でしょう。こういった流れに乗るにはまだ遅くは有りません。現時点でビットコインを使用した資産運用を行いオリンピックイヤーを迎えたいものですね。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。