ビットコインのブロックチェーンはこうして動いている




仮想通貨投資が過熱する中で、ビットコインについて最低限知っておきたいポイントが有ります。

それがブロックチェーンです。

このブロックチェーンですが、ビットコインなど仮想通貨(暗号通貨)の枠を超え今後、皆さんの生活にその仕組みが取り入れられる事が多くなると思われます。今回は、そんなビットコインの機能の1つであるブロックチェーンについてご説明します。

ビットコインとブロックチェーンの関係

ブロックチェーンという言葉が一人歩きしていますが、ブロックチェーンとはビットコインの中核となる技術です。

ビットコインは、その特徴として、これまでの円やドルといった法定通貨やWAON、nanacoなど電子マネーの様な価値を管理する発行元であるものと違い、ビットコインのプログラミングに従い価値を生みだし利用者の中のマイナー(採掘者)と呼ばれる人達が分散された管理者となり監視を行う事で、中央集権型では無いというのが大きな特徴です。

ビットコインとP2Pテクノロジー

ビットコインはP2P(ピア・ツー・ピア)と呼ばれるネットワークが使用されています。

これは、従来の様な特定のサーバーに依存する仕組みではありません。この仕組みのポイントは、情報を特定のサーバーなどを使用して中央に集中さる従来の仕組みと違い、情報を分散し保管する事で中央集権的なサーバーを使用せずに稼働させる事が可能な仕組みです。メリットとして分散させる事で、局所的なトラブルがっ有ったとしても情報は失われる事は有りません。

実は、P2Pは1990年に既に登場しており、通話サービスやファイル交換サービスで使用されていた様です。しかしこの仕組みは当時、同じ瞬間に同じ情報を持つことが出来ない事や情報伝達速度も保証出来ない為、日常生活レベルまでこの仕組みが採用される事はなかったようですが、現在の様なインターネットが当たり前になった世の中ではその仕組みが重要なのです。

ブロックチェーンはこうして動いている

ブロックチェーンが動く仕組みのポイントは、採掘者(マイナー)と呼ばれる人達の存在がある事です。

最近では世界的に見ても採掘作業が盛んであった中国のマイニング(採掘)禁止のニュースが仮想通貨界隈を騒がせましたね、このマイニング(採掘)とは、ビットコインの取引の際に行われる承認作業の事でビットコインを送る側、受け取る側のやり取りをP2Pのネットワークを使用しブロックチェーンのソフトウェアで一定のルールに従い行われます。

ビットコインであれば、送信者のアドレス、受信者のアドレス、送金金額、送金手数料、トランザクションのハッシュなど必要なデータは決まっています。この、データをブロックと呼ばれるメモリに入れ、それをチェーンの様に繋げていくためブロックチェーンと呼ばれるのですが、このブロックを繋げる為には、ハッシュ計算を繰り返すマイニング(採掘)作業を行わなければなりません。

現在のマイニング事情

中国のマイ二ング禁止が行われようとしている中で、日本国内でもマイニング事業に参入しようとしている企業は少なくない状況となっています。

有名なところで有ればDMM.comとGMOでしょう、この2社は今後日本のマイニング事業を牽引する可能性が高いと思われます。更にGMOはGMOコインと言う仮想通貨取引所も運営委しておりマイニングと仮想通貨取引所事業で今後更に飛躍する可能性が高いと思われます。

特に、今回の中国政府の動きは追い風いなると思われるので今後目が離せません。

そんなGMOが新しく始めたサービスが、仮想通貨の取引所「GMOコイン」です。

詳しくは下記を参照ください。

 

\\GMOコインの公式サイトは下記をクリック//




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。