仮想通貨に関わる「税金」について調べた結果・・・




仮想通貨を使用したHYIP投資案件であるトレードコインクラブが世界中で人気の中、仮にトレードコインクラブで大儲けした時の「税金」について少し心配が頭をよぎりまよね? 実際、多くの仮想通貨投資に踏みきれない方はこの「税金」を気にされている場合が多いのが事実なんです。今回は、そんな仮想通貨に関する「税金」について少し調べてまとめてみました。

仮想通貨に関する税金に関わる事について調査内容をまとめてみました。

7月1日以降は仮想通貨売買が「非課税」に!

現在、1BTC=46万円まで値上がりした仮想通貨ビットコインですがビットコインに投資された投資家はさぞかし大儲けされ、そして「税金」の事で頭を悩ませてられる事でしょう。 実は、今年の7月に仮想通貨(暗号通貨)に関わる税金について「非課税」という内容がまりましたのでお伝え致します。

既に投資をされている方や、7月時点で知っているよと言う方は、おさらい程度に読み進めて頂ければ幸甚です。

実は、これまで仮想通貨(暗号通貨)の取引の際には、仮想通貨取引に消費税が掛かっておりましたが、71日以降に「非課税」となっているのです。

これは、結構大きなニュースで8月以降のビットコインやアルトコインの「仮想通貨バブル」と呼ばれた時期にもこの「非課税」が効いていたとも言われています。

 

仮想通貨取引の際に何故、「税金」が掛かっていたのか?

仮想通貨取引の際に、何故 仮想通貨に「税金」が掛かっていたのかと言うと、仮想通貨自体が「モノ」という扱いだったからです。つまりは、7月以前にビットコインで買い物した場合、円でビットコインを購入⇒ビットコインで物を買った場合、「消費税」二重で撮られていたという事です。

その為、7月1日以降、この機会を逃さず仮想通貨(暗号通貨)へ投資と思われる方も増えた事でしょう。

非課税になっても実は意外に少ない、仮想通貨(暗号通貨)投資家たち

仮想通貨へ投資されている、、もしくは既にトレードコインクラブ(TCC)へ投資されている投資家であれば、仮想通貨(暗号通貨)投資家少ないなんて思いもよらないでしょう。

しかし、2017年に入り仮想通貨バブルと言われる今でも、意外に仮想通貨(暗号通貨)投資家の人数が同じように増えた訳では無いのです。

実際、大手金融持株会社マネックス社がまとめられた資料によると、仮想通貨(暗号通貨)へ投資している日本国内の人口は、なんと約3%しかいないという調査結果が出ているのです。

詳細記事はこちら⇩⇩⇩ ※マネックス証券資料引用

現在では7月1日からの「非課税」処置により少しは、国内3%だった結果より伸びたかもしれませんが、まだまだ仮想通貨(暗号通貨)業界は始まったばかりだと思わせてくれます。

 

大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)の登録者数ですら最近60万人突破したぐらい!

仮想通貨(暗号通貨)へ投資を行うには、仮想通貨取引所に口座を開設する必要が出ます。 そんな仮想通貨取引所の中でも国内有数の大手取引所であるbitflyer(ビットフライヤー)の登録者数が60万人突破したのも、つい最近の話なのです。

こんな状況だからこそトレードコインクラブに今参加する!

bitflyer(ビットフライヤー)は、ビットコインやイーサリアムをトレードできる取引所で有り国内での取引量の一二を争う取引所ですが、ビットフライヤーほどの大手取引所で60万人です・・これを多いと感じるのか、そうで無いのか? いやいや、少ないのでは?考え方によっては、まだまだ仮想通貨(暗号通貨)は値上がりするのでは?となるのです。 この様に少し、仮想通貨(暗号通貨)業界を俯瞰で見てみると、まだまだなのです。

その為、HYIP投資案件であるトレードコインクラブ(TCC)など、こうした案件につても参加者が少ないのが現状で有り、いち早く参加する事が重要なのです。

今後、更に国を挙げて、仮想通貨への法整備が行われて行けば、トレードコインクラブの様なビジネスモデルも多く世の中に受け入れられると思われます。




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。