ビットコインゴールドの未来は明るいのか?




ビットコインゴールドという新たな仮想通貨(暗号通貨)が誕生しようとしています。このビットコインゴールドとは何か?そして、このビットコインゴールドはビットコインキャッシュの様に高騰するのか? 様々な疑問で満たされている仮想通貨(暗号通貨)界隈ですが個人的な見解から評論してみたいと思います!!

ビットコインゴールドに注目していくと色々な背景が見えてくる・・・

ビットコインゴールドの前に8月にビットコインキャッシュが誕生していた?

ビットコインは、2017年8月に一度、ビットコインの開発者(Bitcoin Core派)と中国大手マイニング業者(BitCoin Unlimited派)が対立した事でビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)が発生しました。この際、行われたのがUASF(User-Activated soft‐Fork)では無くNYA(ニューヨーク協定)と呼ばれる中国大手マイニング業者(BitCoin Unlimited派)主導によるソフトフォークでした。

UASF(User-Activated soft‐Fork)を提唱したが・・・・

このUASFを提唱した理由と言うのが、Segwit(セグウィット)と呼ばれるソフトであり、コレを推し進めていたのがビットコインの開発者(Bitcoin Core派)なのですが、何故 このSegwit(セグウィット)を進める為UASFを提唱したビットコインの開発者(Bitcoin Core派)に中国大手マイニング業者(BitCoin Unlimited派)が反発する事態となりました。なぜこの様な状況になったかと言うと、中国大手マイニング業者(BitCoin Unlimited派)が使用するマイニングアルゴリズムである「ASICBBoost」が使えなくなるからです。

Bitcoin Core派がSegwit(セグウィット)を進めた理由とは?

ビットコインは、2009年に誕生してからずっと問題を抱えていました。その問題とは、ビットコインの機能の1つであるブロックチェーンの中に有りました。この、ビットコイン機能であるブロックチェーン 1ブロックの容量は、1MBですから、ビットコインが使用される場面が増えユーザー数もうなぎ上りの現在では、多くの取引(トランザクション)が増えると取引の承認が遅くなる不具合が発生していました。その為、このトランザクション(取引)の遅延問題を解消すべく開発されたのがSegwit(セグウィット)でありビットコインコア派(開発者側)は導入しようとしたのです。

結局、8月にSegwit2X(セグウィット2X)が行われた・・・

ビットコインコア派とビットコインユナイテッド派(中国大手マイニングプール)が対立する事で、当初のSegwit(セグウィット)からSegwit2X(セグウィット2X)の採用が決まりました。これには、ビットコインユナイテッド派もマイニングアルゴリズムである「ASICBBoost」が使えるとあってOKとなった訳ですが、この時点でビットコインユナイテッドの様な大きなマイニングプールが主導権を握れる状況となっている事自体が、サトシナカモトが提唱したビットコインの本質から逸脱する事なので非常に残念に思います。

ビットコインゴールド(BitCoin Gold)とは・・・

ビットコインは11月に二度目の分裂を迎えています。これは、ビットコインのブロックサイズ(容量)を1Mから2Mに拡張するという動きです。また、すでにブロックサイズを大きくしたビットコインキャッシュが有るにもかかわらず分裂(ハードフォーク)をしようとしている事から、マイニング業者側からも「する必要が無い」などの見解も寄せられているようです。ただ、仮想通貨(暗号通貨)投資家から見れば、ビットコインキャッシュの時と同様にビットコインを保有するだけで頂けるビットコインゴールドは魅力的に映るようです。

しかし、注意しなければならない事として、ツイッターなどSNSでの仮想通貨(暗号通貨)有識者のつぶやきを見るかぎり期待できるのか?と疑問を抱いてしまう内容ばかりです。 その為、期待値で値段が高騰し易い仮想通貨(暗号通貨)界隈の混乱が予想されますので投資される場合は十分に注意をされた方が良いかと思います。

 




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。