仮想通貨マイニング系ICO「REGAIN(リゲイン)」の登録方法




仮想通貨(暗号通貨)ICOが過熱している今年ですが、今年最後のビッグなICO案件をご紹介します。実際、今のICOは洗礼されたものと胡散臭いモノの二極化が進んでおり、長期的にトークンセールを実施しているICO案件も増加しています。身近なICOで言えばテックビューロ社が運営する「COMSA」や仮想通貨(暗号通貨)の銀行を目指す「バンクエラ」などがありますね。

仮想通貨マイニング系ICO案件に投資して2018年は乗り切ろう!

今回は、現在日本でも密かなブームとなっている仮想通貨(暗号通貨)マイニングに関するICO案件です。ちなみにICOって何だろう???って方に簡単にご説明しますが、ICOとはInitialCoinOfferingと呼ばれるクラウドセールの事です。端的に言うと、仮想通貨(暗号通貨)を使用した資金調達です。そこで、このご紹介するICO案件は「REGEIN(リゲイン)」と呼ばれる案件で、仮想通貨(暗号通貨)のマイニングに関するICOとなっています。では、このICOの概要と登録の流れからご説明したいと思います。

仮想通貨マイニング系ICO「REGEIN(リゲイン)」とは?

この、仮想通貨(暗号通貨)マイニング系ICO「REGEIN(リゲイン)」は、ビットコインを代表する仮想通貨の承認作業であるマイニング(採掘)の公平性を取り戻すべく、CEOのダン・アフレックが立ち上げたマイニングマシンの開発とマイニングを実施している企業のプロジェクトです。現在のビットコインのマイニングに関しては、1つのマイナープールの市場独占状態なので、そうした独占による、ビットコインの非中央集権型への不適切性などを嫌って立ち上げられたようです。「REGEIN(リゲイン)」自体は、マイニングマシンも作りますし、マイニングもするのですが、マイニングには多額の設備投資が必要ですし、常に最新のマシンを導入しないと直ぐに古くなる為そうしたマシンの更新や設備開発の為の資金調達を行う様です。

「REGEIN(リゲイン)」のCEO ダン・アフレックとは?

REGEIN(リゲイン)のCEOはダン・アフレック(Dan  Affleck)氏で現在もマイニングの本拠地となっている中国のマイナーがこぞって使用しているBitmain社の設立メンバーの一人でASICと呼ばれるビットコインマイニング専用チップを作った張本人です。結局、Bitmain社のウ・ジハンCEOと思想が合わず退社し立ち上げたのが「REGEIN(リゲイン)」なのです。だから、マインング系ICOでは結構有力案件だと個人的には感じています。

「REGEIN(リゲイン)」ICOの強みをホワイトペーパーから読み解くと・・・

実際、どんなICO案件もホワイトペーパーを読んでみないと分かりません、と言う事で実際に熟読してみました。そこから個人的に今回のREGEIN(リゲイン)の強みを読み解いてみました。

  1. REGEIN(リゲイン)のCEOがASIC開発者ダン・アフレックで有る事
  2. REGEIN(リゲイン)はすでに稼働していてマイニング界の2割を占める実力で有る事
  3. REGEIN(リゲイン)は保有する事で配当が貰える事
  4. REGEIN(リゲイン)は最新のASICを開発して使用出来る事

あまり、ホワイトペーパーを読んでいない方は、もう一度読んで下さいね。今回のREGEIN(リゲイン)は日本の仮想通貨投資家の出資を視野に入れてなのか丁寧な日本語のホワイトペーパーが用意されています。結構簡単な内容で書かれているのでしっかりと読みましょう!!

REGEIN(リゲイン)に対しての個人的な意見

個人的にマイニングについて非常に興味を持っています。皆さんも想像してみて欲しいのは、これから先、ビットコインなどPOW(プルーフオブワーク)の仮想通貨(暗号通貨)が日常で使用される事が増えたら、一体どれ位の承認作業が必要になるのか・・、日本国内もそうですがGMOなど日本企業も参入するマイニングビジネスです。将来的に結構ビジネスチャンスがある分野だと思いませんか?そこで今回のような、ASICを開発していた人物の手掛ける案件です。しかも、配当があってREGEIN(リゲイン)自体がトークン(REG)を発行し取引所で売買されるとなると、かなり熱い案件だと感じています。数あるICOでも結構期待値大なのは私だけでしょうか? まぁ、個人的には期待大なのでしっかり見守ろうと考えています。

REGEIN(リゲイン)のREGトークン詳細

ICOスケジュール

  • 事前登録:2017年12月18日(本日)スタート
  • クラウドセール第1弾:2017年12月22日17:00〜
  • クラウドセール第2弾:2018年4月1日 17:00〜
  • クラウドセール第3弾:2018年7月1日 17:00〜
  • クラウドセール第4弾:2018年11月1日  17:00〜

トークンを保有する利益配分

REGトークンを保有すると、REGEIN(リゲイン)ICOで増設したマイニングマシンの利益を50:50で分けたものの60%をトークン保有者へ配当としてプロジェクト存続まで支払う様です。※現時点のホワイトペーパーの記述では。仮に、1REGトークンを保有したとすると1月で0.034BTCの配当があるようですので、現在の価格からすればBTC=2,135,000円程度なので72,600円位(大体)が1月で還元される予定の様です。※あくまで現時点の価格です!

REGEIN(リゲイン)トークンREGの発行枚数

REGEIN(リゲイン)のトークンであるREGは65000REGが用意されています。1REGが約4000ドルとの事ですから、2,600,000,000ドル(29,250,000,000円)1ドル=112円と考えて292億5千万位の資金調達になるのでしょうね・・・かなり凄い資金調達です。COMSAで109億が集まっているので不可能な数値ではないと思いますが桁が凄い!!でも、現在は仮想通貨「暗号通貨」バブルです。それくらいの資金調達はさらっとこなすと思います。

REGEIN(リゲイン)の事前登録方法

REGEIN(リゲイン)の事前登録は本日2017年の12月18日よりスタートしています。

登録はこちらから⇩⇩⇩




BLUE OCEANで仮想通貨のマイニングを始めよう♪

ブルーオーシャン(BLUE OCEAN)は、仮想通貨のマイニングで資産を作り、AIトレードで資産を増やし、プライベートバンクで資産を守る、入口から出口までを一括して運用できるサービスです。

まだ日本に上陸して間もない今が、資産を増やすチャンスです。